司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「写真・・どうしてますか?」 2017/6/01

 


 

 空家になった自分の実家を片づける時、おもいのほか「写真」を捨てるのは勇気がいることだと聞きました。それもそのはずです。「写真」には家族の思い出が記録されています。幼い自分、若い両親等、それらは二度と現実には戻ってくるはずのないものばかりです。処分をしてしまえば、二度と目にすることはできません。片づけをしているはずが、思わず見入ってしまい、時間ばかりが経ってしまうことでしょう。どこのご家庭も「写真」は結構な枚数があるはずです。枚数というより、きれいに整理されているアルバムがかなりあるのではと思います。捨てれない、捨てたくない。がしかし!です。それらの大量のアルバムを自分の家に移動させては、いつか自分の子どもたちに処分をさせることになってしまい・・・自分の家には家で新たな「家族の写真」もあるのです。どうしても残しておきたいものだけ抜粋して、「思い出は心の中に焼き付けて」。きっぱりと別れを告げる。感謝とともに・・ですかね。