司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

インフォメーション

2017/8/10
平成29年度夏季休業のお知らせ

「平成29年度夏季休業のお知らせ」毎日暑い日が続いております。お身体ご自愛くださいませ。さて、司法書...

コラム

2017/12/01
「平成男女交際事情」

「平成男女交際事情」「男女交際」なんて、言葉自体死語になっている気がいたします。昭和の香りがぷんぷん...

フリーダイアル:0120-86-9255
Email

あいづ相続センターへ

「司法書士検索へ」

債務整理について

「自己破産」「民事再生」「特定調停」 「任意整理」など多重債務でお悩みの方へ

相続・遺言

家族がお亡くなりになった時などの相続に関するお手続きの方法について

後見人制度

判断能力が衰えた方を支援し守る法律です。ぜひご活用ください。

売掛金回収について

売掛金回収でお困りではありませんか? 回収手続きについてアドバイスします

離婚問題について

離婚をお考えの方、専門知識を基にご相談・アドバイスをいたします。

 

流行語大賞

 

流行語大賞

妻から、つまらないから止めろとの指摘を受け、家族ネタを書くことを封印いたします。テレビをぼんやり眺めていると、流行語大賞うんぬんが話題になっていた。最近テレビ等でよく耳にする「忖度」という言葉がノミネートされていたが、ボキャブラリー貧困な小生は、「忖度」なる言葉を今まで日常会話で使用したことがあるかについて「記憶にございません。」←昔流行った。他にノミネートされた「ちーがーうーだーろーっ」については、むしろ前段のフレーズのほうがインパクトがあるが、身体的特徴について揶揄する表現であることをそんたくして後段がノミネートされたのであると思われるが、確か去年の流行語で「日本史ね」(そんたくして史ねと書いた)ってあったが、それはOKなのか?口は災いの元、うっかり発した一言で相手を不快にさせたりせぬよう注意が必要であるが、失言を防ぐには、人を敬い尊重することができる人間性を構築することが肝要ではないかと思います。僕なんか、「つまファースト」で妻を尊重しているけど、おかげさまで妻の増長はとどまることを知らず・・・封印がほどけたところで、また来月お目にかかりましょう。


                                                                             司法書士 伊東孝一