司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

インフォメーション

2017/8/10
平成29年度夏季休業のお知らせ

「平成29年度夏季休業のお知らせ」毎日暑い日が続いております。お身体ご自愛くださいませ。さて、司法書...

コラム

2017/9/04
「ラン活」

「ラン活」「ラン活」ってご存知ですか?実は、今朝テレビで知りました。ランチをどこで食べるか考える活動...

フリーダイアル:0120-86-9255
Email

あいづ相続センターへ

「司法書士検索へ」

債務整理について

「自己破産」「民事再生」「特定調停」 「任意整理」など多重債務でお悩みの方へ

相続・遺言

家族がお亡くなりになった時などの相続に関するお手続きの方法について

後見人制度

判断能力が衰えた方を支援し守る法律です。ぜひご活用ください。

売掛金回収について

売掛金回収でお困りではありませんか? 回収手続きについてアドバイスします

離婚問題について

離婚をお考えの方、専門知識を基にご相談・アドバイスをいたします。

 

暑中お見舞い申し上げます

 

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。鳴り止まぬセミの鳴き声に真夏を実感します。ふと外を歩いていると、虫取り網を持ちセミ取りをしている二人に遭遇。その二人はお子様ではなく、推定55歳から60歳位とお見受けするおっさんふたり(失礼、おじさんと訂正)虫かごには大量のセミがうごめいている。あんなにいっぱいセミをつかまえてどうするのだろう、最近、昆虫食が一部の愛好家の間でブームになっているという話も聞いたことがあるし、おじさん達は、もしかして食うのか?まあ、食ってしまうならともかく、セミは虫かごに入れると時折暴れます。その結果、セミの羽は傷ついて、切れたり折れたりします。小生も子供の頃によくセミ取りをしましたが、夕方になってセミを虫かごから放すと、羽が折れて飛べなくなったセミが何匹も墜落するのを幾度となく目の当たりにしました。セミさん、他人事のように語ってごめんね、反省しています。セミは家で飼育することもできないし、近くで観察するとか、取ったとしてもキャッチ&リリースしてやればよろしいのではないかと、自戒も込めて申し上げます。ほんと、図らずとはいえ殺生はいけないよね。僕なんか、蚊が腕にとまって血を吸いだしても、「いっぱい吸ってね」と蚊に語りかけ・・・否、脊髄反射的にパチーン!!! 南無阿弥陀仏。

 司法書士 伊 東 孝 一