司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

インフォメーション

2018/11/16


  • 2018/11/16

  • 2018/8/21

コラム

フリーダイアル:0120-86-9255
Email

あいづ相続センターへ

「司法書士検索へ」

債務整理について

「自己破産」「民事再生」「特定調停」 「任意整理」など多重債務でお悩みの方へ

相続・遺言

家族がお亡くなりになった時などの相続に関するお手続きの方法について

後見人制度

判断能力が衰えた方を支援し守る法律です。ぜひご活用ください。

売掛金回収について

売掛金回収でお困りではありませんか? 回収手続きについてアドバイスします

離婚問題について

離婚をお考えの方、専門知識を基にご相談・アドバイスをいたします。

 

いい気分

 過日の出来事。溜まった仕事を一通り終えて家路に着く頃、突然、車の前におじさんが立ちふさがってきた。この日は近所で花火大会があり、家の前の道路が通行止めになっている。おじさんは交通整備しているものと思い、僕は「俺の家すぐそこなので通らせていただき・・・」おじさん「すみません、乗せてください」僕「??」おじさん「バスに遅れる―おねがいします」僕「はい同乗」車中で聞くと、おじさん(おばさんもいました)達は愛知県から来た観光客。次の新潟行バスに乗り遅れると今日中に愛知県に帰れないらしい。なんとかバスに間に合って、おじさん達にすごく感謝された。家に帰り、妻に褒めてもらうべく早速報告すると、妻「あらお優しい。でも危ないからやめろ」くぅーっ、確かに知らない人をうっかり車に乗せるなんてリスキーではある。僕も、妻や娘が知らない人を車に乗せたとしたら、妻と同じことを言うだろう。でもね、困っている人を放って置くのも気が引けるぞ、おじさん達も喜んでいたし、僕も人助けしていい気分になったから大団円だな。ふと、窓際から見える花火が美しい。そう、僕の心根のように。って、何で一言多いのかね。

司法書士 伊 東 孝 一