司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「終の棲家④」 2015/11/06

 

「終の棲家④」

 

 「終の棲家」に民間老人ホームを選ぶということは、資金面を考えなければいけません。老後の収入と言えば年金です。若い頃に加入をしていた年金の種類によって支給額は人それぞれに違います。仮に民間老人ホームに、資金面では入所することが可能な方の場合。資金面以外でどういったことを検討するのか。例えば痴呆の症状が出た時、身体の不具合で一人で身の回りのことができなくなった時などでも継続して入居が可能なのかを検討する必要があると思います。その他、施設の設備、一人部屋なのか、家族が訪れやすいかなどでしょうか。

 自分で「終の棲家」を選ぶ場合もあれば、子どもさんたちが親御さんの「終の棲家」を選ぶ場合もあります。最近では、ある民間老人施設で職員による虐待があったとされる事件が取り上げられました。虐待を受けたご老人はもちろん、大多数の真面目に介護に向き合っている介護職の方を思うと胸が痛む事件です。

次号に続く。