司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

アパートの中途解約 2012/7/03

 

「アパートの中途解約」

 

「2年間借りる約束で借りたアパートを途中で解約したい」と大家に言ったら、残りの期間分の家賃を請求されたのだが、残りの期間の家賃は支払わなければならないのか。

このような場合には、先ずはアパートの賃貸借契約書に目を通してみて下さい。契約書に、借主からの中途解約の条項があれば、それに従うことになります。例えば「賃貸借期間内であっても借主は1ヶ月前に通告して契約を解除できる。」との条項があれば、通告後から1か月分の家賃を支払えばよいことになります。もしも中途解約の条項が無いのであれば、アパートに住んでいようがいまいが、残りの期間分の家賃は支払わなければなりません。ただし、期間(この場合2年間)経過後も再度契約をやり直さずに賃借人がそのまま住み続けていた(契約が自動的に更新された)場合には、借主は3ヶ月前に通告することによって解約をすることができます。トラブルを避ける為にも、契約の際には契約書をよく確認してください。

 

サンデー会津平成24年6月号 司法書士 伊 東 孝 一