司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「高齢化社会・・」 2016/3/01

 

「高齢化社会・・」

 

 昨日、報じられていたニュース。認知症の夫が、妻がうとうとしている間にいなくなり電車に引かれお亡くなりに。そして、介護をしていた妻と長男に監督責任有りということで賠償金が科せられるという裁きが下されたという内容でした。高齢化社会が進む日本。特に介護に関することは、近年関心を持たれる方が多いと思います。このニュースを聞いて、「お気の毒、あんまりだ!」という感想を持たれた方も多いかと。家族の中に認知症を発症した方がいると、全て家族が責任を持たなければならないのかといった危惧をする声も聞こえてきます。しかし、今回の場合は電車でしたが、もし車だった場合にはどのような状況で事故が起こった場合でも運転手が重い過失責任を問われることは明らかなのではとも考えます。今回は、認知症の方がお亡くなりになりましたが、最近では認知症気味の方の運転による事故も起こっており・・・

 高齢化社会・・・今までにはない問題が起こることが予測される現代です。