司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
トピックス

啓発活動 2014/9/02

 

啓発活動


今年もお盆がやってまいります。墓参りのお供えを持ち帰るのは、今や当たり前の常識となっていますが、僕が子供の頃には墓に放置されたお供えをカラスが食い散らかしたり、お供えの腐った臭いが鼻を突いたりで、かなり不衛生でした。そういえば、昔は電車のホームの線路上はポイ捨てされたタバコの吸い殻で一杯だったし、車の窓から空き缶を投げ捨てるなんて当たり前だったな。と、思い起こすことしきりですが、その当時は、大多数の人がこれらの行為が非常識であるとの認識を持ち合わせていなかった筈です。僕なんかお供えの西瓜からカブトムシを捕まえたことがあって、無邪気に喜んでおりました。今や、ポイ捨てを見かけることは滅多にないですが、ある日突然ポイ捨てが激減したのではなく、地道な啓発、啓蒙活動により徐々に減っていったことは想像がつきます。と、いうことは、ひるがえればこういった活動が無ければ未だにポイ捨ては続いていたカモです。なるほど、小生が○○にぞんざいな扱いをされているのは、啓発活動をおろそかにしていたからなのだ!合点がいったと勘違いをし始めたところで我に返り、正しからざる者による啓発は無意味であると悟った次第です。


司法書士 伊 東 孝 一 クイック8月号