司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
最新のお知らせ

4月という月 2014/3/03

 今年はどんな冬、雪の具合はどうなるのかを心配していたのは、つい数か月前のこと。あっという間に春の訪れがすぐそこまでという季節になりました。全国的には、首都圏や普段雪に慣れていない地域が大雪になり、現在も孤立している集落があるとのニュースに心を痛めておりますが、会津地方に限定をして言えば、「雪は少なかった冬」でした。雪かきもほんの2、3回したにすぎません。近年には珍しいことです。

 さて、そんな楽ちんな冬を過ごし、いよいよ春4月。この4月はなんといっても「消費税が8パーセントに上がる」この出来事が日々の生活にとっては気が重い出来事です。少し前から、消費税アップの前に何を購入しておけばよいかとの情報が持ちきりです。しかし多少の物は買いだめすることができても、現実的に逆にいらないものを買ってしまっては仕方ありません。人間、しばらくすれば8パーセントの消費税にも慣れてしまうものです。その昔、消費税が導入される前のことなどすでに過去のお話しとなってしまいました。それでも、アップ直前の今は、例えば家賃などが消費税に伴い支払金額が増えるお知らせがきたり、この4月からはいったいどのくらいの「塵も積もれば山となる」で家計に負担が増えるのかと考えると、庶民としては暗ーい気持ちになるのも正直なところです。