司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「親子で一緒に家を建てる①」 2012/8/01

 

「親子で一緒に家を建てる!」①

 

 今回のお話は、Bさん一家。家族構成はBさん本人、Bさんの妻、Bさんの息子という三人家族です。この度、息子さんの結婚が決まり、Bさん一家は喜びに沸いておりました。

そこで、お嫁さんを迎えるに当たり、現在住んでいる家(名義はBさん、すでに住宅ローンは完済)は手狭なこともあり、それならいっそ、その家の売却金で広い土地を買い求め、息子さん名義で住宅ローンを組み、新築をしようという話が一気に持ち上がりました。

話はとんとん拍子に進み、土地は古い家を売った現金で購入(土地の所有者はBさん)、その土地を担保に入れ、住宅ローンは息子さんが主債務者、Bさんは連帯保証人という契約で借入をしました。(建物の所有は息子さんとBさんの共有です)

 そして、めでたく結婚。Bさんは、息子さんの結婚後定年退職を迎えましたが、お嫁さんも働いており、住宅ローンも順調に返済を続けておりました。ところが、結婚後3年を過ぎた頃から息子さんの行動に挙動不審な点がみられるようになっていったのです。休日も仕事と称して外出が続き、朝帰りも頻繁になっていきました。そして、ある日・・・

次号に続きます。