司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「返せる? 返せない?」 2011/11/01

 

返せる?返せない?」

 

 毎年のことですが、暖かくなるのはゆっくりとした足取りですが、寒くなるのはあっという間のことです。ついこの間まで半袖を着ていたとは信じられない程の冷え込みが朝晩に感じる昨今です。

 さて、本日の本題です。今年は三月の震災のため、日常生活に様々な変化がありました。悪いことの一つとしては、風評被害のため、観光地会津の産業は大打撃を受けており、現在もそれは続いております。その他、これはいい事といって良いのか、消費者金融などの返済の催促が先月辺りまでは、控えられていたという話しもあるようです。そのため、すっかり忘れかけていた借入の件が、ある日突然、催促が再開されたとしたら。

 失業した、給与が減ったなどのマイナス要因があちこちで聞こえてくる現在、現実問題として、返済をしながら生活の遣り繰りができるのかどうか、きちんと考えてみることは必然的な事柄です。借金の返済は「返したい」といういう気持ちだけでは、不可能な場合があるのです。一人で思い悩まずに、また、問題から逃げていても解決には至らないため、専門家へ勇気を持って相談へ行くことをお勧めいたします。

 

 

ボイス10月号 司法書士 伊 東 孝 一