司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「人とのつながり」 2011/7/05

 

「人とのつながり」

 

 震災後、マスコミからの情報によると離婚の件数が増えているとのこと。また一方では、結婚をするカップルも増加傾向にあるとのことも聞かれます。前者は、いつどうなるかわからない世の中だから、何も我慢をして嫌いな人といることはないと決断する、またこの震災で相手の本性が見えて嫌になってしまった、後者は逆に独りのまま人生を終わるのは寂しいと考えるかららしいとのことです。正反対な行動ではありますが、人生をどのように他人と繋がっていくかを考えることによる決断には間違いありません。

 人は一人では生きてはいけません。それは、結婚をする、しないという問題ではなく、全く自分以外の人間と関わりなく生きていくことはできないということです。この震災が起こった後などは、特に人と人とのつながりの大切さを感じます。それが個人間であったり、また市町村間であったりと形は違いますが、助け合いの精神が今を支えていることからも、よくわかると思います。人が生きていく中で、時にはトラブルが起こったりといつも平和なつながばかりとは限りませんが、それでも、人は自分のことばかり考えて生きてはいけないものとだと考えています。

 

クイック6月号 司法書士 伊 東 孝 一