司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「日常」 2011/6/02

 

「日常」

 

 震災から早くも二ヶ月以上が経ちました。先日、政府の方針によりやっと一時帰宅をした町の町長さんが「自然の緑が濃くなって、明らかに季節は移り変わっているのに、そこに人の影が全くみられないのは、普通じゃない。」と涙ながらに語っていた言葉が頭に残っています。つきなみではありますが、一日も早い普通の日常が戻ってくる日を願っております。

 さて、会津地方は、同じ福島県でも観光客の激減など風評被害も受けておりますが、自分たちの生活拠点が変わることなく暮らすことができるエリアであるため、少しずつ普通の日常の感覚を取り戻すことができるようになりました。私の仕事関係で言えば、震災直後の3月は会津の裁判所での裁判も一旦休止状態になっておりました。そのため、この5月の連休明けから、その休止になっていた裁判も一斉に動きだしている状態です。また3月はガソリン不足から、外出を控える傾向を迫られましたが、5月になって例えば、借金、相続の問題など個人個人の抱える困り事を解決しようというご相談も増えてきました。毎日、当たり前だと思っていた日常が震災後は違ってみえる昨今です。

 

 

クイック5月号 司法書士 伊 東 孝 一