司法書士法人つばさ事務所

TSUBASA SHIHOU-SYOSHI  LAWYER

 
コラム

「桜の季節」 2011/5/16

 

-東日本大震災において被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。-

 

 三寒四温といいますが、その名の通り少しづづ、少しづづ春が近づいてきているようです。しかし、日本は3月11日に発生した大震災により、平和な日常が崩れた状態になっています。特に本県は津波と原発による被害で、避難所生活を余儀なくされた方がたくさんおり、この会津地方にもいわきや南相馬市からの人々が非難されています。

 普通なら、うきうきと心も沸き立つ「桜の季節」。今年は、いつもとは、かけ離れた心境です。きっと日本中の誰もが同じように感じていることと思います。買い物ひとつするにも、心が躍る気持ちにならない現在。しかし、何もかも自粛ムードになることは、経済の停滞を招き、ひいては復興にもつながらないのではという声があるのも事実です。

 何から、手をつけることで、活力を取り戻していくのか、一人一人が考えなければならないことです。

 

クイック4月号 司法書士 伊 東 孝 一